子供を勉強嫌いにしたくない両親をサポートする子育て支援情報サイト

要点を押さえたしつけを心掛けなければ幼い子供に勉強は促せない

子供に勉強を教えるという事

子供に勉強を教えるという行為は、短期的に考えれば、子供が学校で授業を受けるための下地作りであり、長期的に考えれば、子供が勉強を生涯継続していくための基礎固めとなるのです。

学校できちんと授業を受けることは、子供が学校生活を円滑に送る上で非常に重要ですが、結局のところどこまで行っても勉強が必要な社会構造である日本においては、生涯にわたって勉強を継続することができる素養を持つことができれば、将来社会生活を営む上で大いに役立ちます。

短期的な面から考えても、長期的な面から考えても、子供に勉強を教えるのは子供にとってプラスと言って差し支えないでしょう。

ただし、勉強の教え方次第では子供にマイナスになることも十分に有り得るため、暴力や暴言を控えることはもちろん、勉強の押し付けは避ける必要があります。

はじめから勉強が好きな子供はいない

子供が勉強嫌いになる一因となっているものの一つとして、じっとしていることを強要される点が挙げられます。

基本的に幼い子供は好奇心の高さや情緒の不安定さによって、一所に留まることを望みません。

そのため、学校の授業形式での勉強のように、長時間机に向かって勉強するようなスタイルは、就学前の幼児期には不向きなので、幼児期の子供には一日10分程度の短時間を目安として勉強を教える方が、集中力の継続時間を考慮すると効果が望めます。

子供の好奇心を阻害したり、行動を長時間制限したりするような勉強の教え方は、子供に負担が大きいだけでなく、子供を勉強嫌いにしてしまうことも十分あり得るので、子供が望んで勉強に取り組もうとしている場合を除いて避けましょう。


この記事をシェアする