時短離乳食作りの技とは?

>

離乳食は市販も活用すべし

ベビーフードを上手に使う

ベビーフードに頼るなんて、と思うお母さんもいらっしゃるかもしれませんが、私たち大人も、たまには外食しますよね。
それと同じで、赤ちゃんにもたまにはベビーフードを食べさせてあげることで、気分転換させてあげてもよいかもしれませんよ。
これが意外と良い刺激になって、なかなか食べてくれなかった離乳食を食べてくれるようになるかもしれません。

離乳食時期は、様々な工夫をして頑張っても、どうしてもメニューを増やせないという悩みをもつお母さんがたくさんいらっしゃるかと思います。
そんなときこそ、ベビーフードを使ってみてはどうでしょうか。
離乳食作りを含め、子育てはどうしてもストレスが溜まりがちです。
お母さんがイライラしていると、子供も不安を感じ取ってしまい、ますます子育てが大変になることも。
そんなときは、少し休むつもりでベビーフードを活用するのも一つの手であると思います。

離乳食の調理セットを活用

最近発売された、離乳食の時短調理セット。
いわゆるごっくん期からぱくぱく期までの期間の子供の離乳食を、これがあれば作れるというものをセットにした優れものです。
はじめて離乳食を作るというお母さんにとっては、不安なこともたくさんありますよね。
そんなお母さんたちのサポートをしてくれるこのセットには、すり鉢とすり棒、手動ブレンダーなど、離乳食作りに欠かせない調理器具がたくさん入っています。

このセットの調理器具は、安全性と使いやすさにとてもこだわっています。
例えば、ブレンダーの羽。
強度を維持しながらも、丁度いい厚みになるように試行錯誤をされ、細かく砕けた羽が混入する心配もなければ、しっかりと撹拌できるという優れもの。
これだけ拘って作られているなら、安心して使えそうですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る