離乳食作りを効率的にする技

時短離乳食作りの技とは?

離乳食を始めよう

離乳食の基本である加熱作業。 赤ちゃんのためにも、日々様々な方法で調理をしているかと思います。 食材の加熱の仕方には、効率的にできる方法やポイントがたくさんあります。 このページでは、こういった加熱を上手に行う方法や、冷凍することが離乳食作りを楽にしてくれる方法であることについてを、ご紹介していきます。

加熱と冷凍の技を使おう

赤ちゃんは、通常生まれたばかりの頃はお母さんの母乳で育てます。
その途中で、母乳を与えることはやめず、母乳以外の食べものから栄養を摂るようにするいわゆる幼児食へと移行していきます。
この橋渡しをするのが、離乳食です。
月齢によって、母乳と離乳食の割合を少しずつ変えていき、スムーズに乳離れできるようにしていくのです。
この間、離乳食の食品の大きさや、固さを変えていかなくてはなりません。
自分の歯で噛み潰して飲み込むという一連の動作の訓練をしていくのが離乳食なのです。

そんな離乳食は、最初の頃はなかなか赤ちゃんが食べてくれないということもあるかと思います。
無理強いすれば、泣かせてしまいもっと食べなくなってしまうので、親にとってもストレスになってしまいます。
ですから、ちょっとしたコツを押さえながら離乳食をすすめていきましょう。

まずは、授乳時間と離乳食の時間をきちんと決めること。
習慣化することが第1歩です。
焦らずに1日1回、一さじからチャレンジさせていきましょう。

材料は新鮮なものを使いましょう。
月齢に応じて、薄味で調節することが大切です。
あげるときは、十分に加熱し、月齢に応じて食べてはいけないものなどをよく確認しましょう。
いつも作るのは手間がかかって大変、という方は、市販のものも上手く活用してください。
子供にとっても、親にとっても、ストレスにならないことが大切です。

離乳食作りは、案外期間が長く、疲れてしまったり時間がなかったりすることがあります。
そんなときの、離乳食作りを効率的にしてくれる技を、このサイトでご紹介していきます。

驚き?時短術

離乳食は、どうしても手間と時間がかかってしまうものですよね。 他の家族の分の食事も作らなくてはならないとなると、本当に時間が足りません。 しかし、このページでご紹介するような時短の技をおさえれば大丈夫! 驚きの時短術を、たっぷりご紹介していきます。

離乳食は市販も活用すべし

離乳食は絶対自分で作ったものをあげたい、と意地になってしまっていませんか? それはとても素敵なことですが、ずっと気を張り詰めていると疲れてしまいますよね。 たまには、市販のものもしっかり活用しちゃいましょう。 このページでは、市販の離乳食についてご紹介していきます。

TOPへ戻る