子供に勉強を教えるときにやってはいけないこと

子供を勉強嫌いにしたくない両親をサポートする子育て支援情報サイト

要点を押さえたしつけを心掛けなければ幼い子供に勉強は促せない

子供に勉強を教える事はしつけと同様に、子供が将来、社会生活を営む上で、非常に有意義であると共に大切な、両親から子供への愛情の表現ですが、幼い子供にとって長時間の勉強は、ひどく窮屈なものです。 本項では子供へ勉強を教える意義と子供が勉強に対して負のイメージを持つ一因に触れてみました。

年齢ごとに求められる勉強方法の変化

子供の勉強方法には年齢に応じた、幾度かの節目があります。 このページにおいては、幼児期と小児期の初期にスポットを当てて、各時期に応じた勉強方法の具体例と注意点をまとめながら、幼児期と小児期初期の子供に対する勉強がもたらす影響についても言及しています。

子供に勉強を教える意義と子供が持つ勉強へのイメージ

子供に勉強を教える行為は、子供が社会で生きていくための基礎力を身に着けさせることを目的としている点で、しつけに近いものがあります。

両者の目的と性質が近い以上、要点を押さえたしつけができれば、子供に勉強を促しやすくなり、逆に、子供に勉強を促す要点を押さえていれば、しつけもまた促しやすくなるはずです。

具体的にいくつか考えてみましょう。

まず、子供に物事を教える際に親が手本となる場合ですが、子供に物事を教えるときに親が率先して動作を行い、それを子供に真似させるのは、有効なしつけであると同時に、親が勉強(読書を含む)する習慣を持っていると、子供が真似をして勉強(ないし読書)に興味を持ちやすくなることが確認されています。

また、子供のなぜなにといった疑問に子供が納得するまで向き合うこともまた、しつけと勉強の両方に良い影響があり、子供の好奇心を委縮させることを回避することで、様々な事柄への関心を高め、結果として好奇心が学習意欲に結びつくことも間々あるのです。

最後は同じ注意を繰り返す際の対応で、好奇心の塊である幼い子供は一回の注意では、注意そのものを認識できなかったり、即座に忘れてしまうのが普通で、怒ったりせずに注意を繰り返すことによって、子供は注意の内容を認識し注意を理解しはじめるのですが、勉強でもやはり同じことが言え、同じミスを何度も繰り返しても怒るのではなく、子供がそのミスを認識できるようになることこそが重要となります。

このように、幼い子供へのしつけの要点を押さえておくことは、幼い子供への教育にも役立てることが可能です。

子供が勉強を嫌いにならないために両親にできる事

幼い子供に勉強を教えるに当たって、勉強嫌いになることを避けるためのポイントをまとめつつ、特に子供が幼いうちは、勉強を教える主体となる両親が心がけておくべき事柄についても、いくつかの注意点を具体的に提示することで、子供の勉強嫌いの抑制を試みたページです。